保険診療について(保険診療でかかれる範囲)業務上で発生した負傷および通勤災害(労災)以外のもので外傷および急性の原因のもの。捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼(応急手当を除き医師の診断が必要となります。)原因のないもの、慢性疾患等は、自費診療となります。
(保険外診療)※日常生活の単なる疲れ、仕事による単なる疲れ、肩こり、腰痛、筋肉痛、スポーツによる筋肉疲労、四十肩五十肩、老化現象、脳疾患後遺症、慢性病、リウマチ、眼精疲労、内臓疾患、自律神経失調症、病気、慢性疾患、医師の同意の無い後療(リハビリ)、ふたまた(2ケ所での保険医療機関での治療)等は、自費診療となりますが、それ以外のものには、保険がきく場合もあるかもしれませんスタッフ(先生)に聞いてください。(自分で診断した肩こり、腰痛、腱鞘炎その他ものも大丈夫かもしれませんよ、硬い筋肉や関節を伸ばし過ぎたり、何かをしたときに筋を伸ばすことはよくあることですよ?)治療する患部と同じ患部を他院にて治療されている場合。(現在、整形外科、内科、接骨院、整骨院、治療院、その他の病院に通院されている方もお申し出下さい。)
現在、健康保険組合、社会保険事務所等が患者さんに対して、ケガの原因、診断内容についての電話や文章等での質問をしております。記憶の誤りもございますので 即答せずに必ず当院に照会されて、再確認のうえ、正確な回答をしていただくようお願いします。(必ずしも、治療しているところを請求できるとは限りませんのでご質問ください。)
当院では、自然回復力を高めて行く治療を目指しております。体を治すのではなく、治すお手伝いをするという考えです。やはり自分で治すという考えを身に付けていかなければならないと思うのです。その為には、自分の体調や状態(体のバランスなど)は、把握できるようになっていただきたいと思います。また、ご指導したいと思います。治療の内容やケガの具合など、どんなことでも気軽に相談ください。

なお、来院された当日もしくは翌日に治療による疲れ、だるさ等の症状が出る場合もありますが、治療による反応です(治るうえでの過程だと思っていただいてかまいません)。もし症状が出た方は、次回来院された際に必ずお申し出ください。