減量

 運動選手の場合、特に体重制限があるスポーツとないスポーツがあります。パフォーマンスの向上(体の動きを変える)や試合のために、減量する場合などがあると思いますが、私が思うには、試合の為の無理な減量によって、体調を壊したり、リバウンドによってさらに体重増加や(次回の減量のときに体重が落ちずらい状態になることはよくあることです。)脱水症状、体質の悪化などいろいろあると思います。
食事の回数を減らすのは、間違いで逆に食事の回数を増やしたほうがいいと思います。それは、1回の食事の量を少なくして食べた分を消費するやり方です。(1日に3食+間食されているかたでも、全体の量をかえずにこまめに5食から7食にするだけで変わると思います。)プラス食べている食事の内容にも気をつければさらに効果が上がると思います。リバウンドしないようにするには、1週ー間に1s、1ヶ月間に3sぐらいが(1週間は、キープ)体に負担が少ない状態で減量が進められると思います。1週間に3sから10sも体重を減らすような減量はかなり負担にもなりますし、また怪我やパフォーマンスの妨げになり、持久力や筋力などの大幅のダウンにもつながる恐れもあります。食事を取らずに水分も減らすという減量方法は、まさにリバウンドしてしまうのではないかと思います。計量後(試合前)には、体重が1kgや2s体重がふえているかたが多くみられますが、食事で1s以上食べる人はそうはいないと思うのです、多分、水分で太っているのでないでしょうか。体に吸収できる水分量は10分に100mlくらいだと思います。こまめに水分補給をしてください。飲みすぎでは、体の動きも悪いと思いますし、体調も悪くなるのではないでしょうか?(食事も一緒で食べすぎでは体が動きづらいのでは、ないでしょうか?私が思うには試合前は、多少空腹のほうが動きはいいと思います。)※減量、最後の1kgぐらいのところで、筋肉がかなり落ちるような気がします。スタミナは、半減以下になっているような気がします。せっかく練習やトレーニングでつけた筋肉、スタミナを落として試合に臨んでも、勝てる試合も落とす恐れもあると思います。普段からの節制や我慢が必要ですね。